2020年06月06日

北の国から

3becbd6c9e77c3e0fe6e41fd1ab3e700.jpg
新聞の日曜版に「名作プレイバック」の記事が掲載されていたのをきっかけに
フジテレビオンデマンドの無料期間を利用して
一気にシリーズすべてを視聴。すぐ終わるだろうと甘く見ていたが、
8本のスペシャル版は前後編に分かれているものも多くとにかく長い。
そして内容が重い。気軽に続けて見られない。

見た記憶がある最終回「2002遺言」と、
個人的にこのドラマにあまりふさわしくないんじゃないかと思われる
垢抜けすぎで妙なテンションの宮沢りえが出てくる場面以外は
端折らずに鑑賞。

スペシャル版はところどころ見た記憶があるんだけれど、
なにせ最初からしっかり見ていないので
話の筋や人の歴史も理解できていないので、
思い入れもほとんどないに等しかった。

今回特に心を動かされたのは「'98時代」
幼馴染の正吉が蛍との結婚を決める場面かな。
以前見たときなぜあまり知られていない俳優を使うのか
またそれまでの込み入った事情もわからなかったけれど
そういうことだったんだね。

その報告を聞き男泣きする父親役、田中邦衛は味のある俳優だな。
日本のジャン・レノみたい。
また脇の俳優たちもみないい演技してるんだよね。

でも全編をみて改めて強く感じるのは
キラキラと輝く幼い純と蛍の時代がやっぱり本当にいいんだよね。

1981〜2002
posted by midorinoringo at 15:43| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

これは経費で落ちません

yjimage.jpg
全く期待せず見始めたが、このドラマは面白い。
もう最終回に近いが、ほとんんどの回はずれがないし
毎回ほんわかあたかかく、かつスカッとした気分で終わる。

経理という組織の中でも一番地味な部署に
スポットを当てて、
そこにからむ様々な人間模様を描きこんでいて飽きない。

出演者が役にはまり、おもしろすぎる。
役者の使い方がうまい。

たしかに会社っていろんな個性の人がいて
部署によってもカラーが全く違うし
傍からみたら、まるで動物園みたい。

主演の多部さんはもちろんだが
経理部の後輩役の伊藤さんや調子いい営業部長など
いい味だしてる。

きっと続編やるだろうな。

posted by midorinoringo at 15:15| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

ちかえもん

著者 :
ポニーキャニオン
発売日 : 2016-06-15

今、再放送を録画してみているが
このドラマ、面白い。
松尾スズキが出ているからと、全く先入観なく偶然に見始めたが、完全にはまった。

先行き見えない展開とすべての役者の名演で
あっという間に終わっちゃう。

脚本家の藤本有紀はNHK大河「平清盛」(見ました。視聴率よくなかったみたいだが
内容はよかった)や土曜ドラマ「みをつくし料理帖」(よかった)も書いているらしい。

このドラマ自体は2016年に向田邦子賞を受賞。納得。見ている人は見てるんだね。

今やっているNHK朝ドラとか、ちょっと前の「半分○○」とかの
脚本はどうも全くダメ。

「ちかえもん」は近松門左衛門のこと。

このドラマでも目を引く芝居をし、近松のことを勝手に
「ちかえもん」と呼んでいた青木崇高もでていた
NHK朝ドラの「ちりとてちん」を今更ながらじっくり見てみたい。

彼はこのドラマで優香と共演し結婚。優香ちゃんも大変美しい。
posted by midorinoringo at 10:59| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする